おかげさまで今年、創業158周年を迎えます。

こんにちは、ブロ担3号です。

本日1月11日は成人の日。
20歳という節目を迎えた晴れ晴れしい顔の新成人が
たくさん生まれたことと思います(^^)

節目と言えば、第一滝本館はおかげさまで今年創業158周年を迎えます。
そうです。節目の160周年まであと2年となりました。

あまり知られていないことかもしれませんが、
第一滝本館の歴史は、登別温泉そのものの歴史と同じなのです。

今回はその理由と共に、ブロ担3号も大好きな湯船をご紹介します(^▽^)/


e0037129_16471523.jpg



















第一滝本館の創始者・滝本金蔵(たきもときんぞう)氏は
1826年現在の埼玉県で生まれ、32歳のときに蝦夷地開拓のため北海道に渡ります。
その頃、奥様である「佐多(さた)」さんがひどい皮膚病に悩んでいました。
登別の霊泉の噂を聞きつけた金蔵氏は山道を分け入り現在の登別温泉に辿り着きました。
温泉の効果はてきめんで、佐多さんの皮膚病は見る見るうちに快癒。
温泉への感謝とその効能を広く利用されるようにと、湯守(ゆもり)の許可をとり
湯宿を創築したのが第一滝本館の始まりです。

↑の資料は、当館に保存されているかなり昔のものですが
右の題名には「登別温泉開祖・滝本金蔵翁」という文字が読み取れますね!

こんな心温まる物語から始まった登別温泉。
いまも変わらず毎日湯守の手により新鮮で効能豊かなお湯が引かれています。e0037129_16471352.jpg


















↑こちらの湯船、第一滝本館をご利用になったことのあるお客様には
ピンと来られたでしょうか!?

この湯船の名前は、まさしく「金蔵の湯」。
創始者の名前をとっているのは、佐多さんが入ったであろう温泉を
私たちなりに再現したものだからです。

e0037129_16471067.jpg




















この湯船のこだわりポイントは、「加水無しの源泉の湯」という点です。
登別の湯は、実はどれも源泉温度が非常に高く、そのままで入浴することが出来ません。
そのため第一滝本館では、自家水源より引く水で温度調整をしてから湯船に注いでおります。

ただ、この金蔵の湯だけは、湯車(ゆぐるま)と湯棚(ゆだな)により
自然に温度調整をして源泉そのままの湯を引いております。
第一滝本館の広~い大浴場の中で、ひときわ小さな湯船にはこんな秘密があったのです。

皆さま、次回第一滝本館にお越しの際は
金蔵氏の佐多さんへの気持ちに想いに馳せて、金蔵の湯に浸かってみてはいかがでしょうか。













▼▼ポチッ!と応援クリックお願いします▼▼
●●●●●●●●
▲ワンクリック応援&ツイート、是非お願いいたします(^_^)/▼
  第一滝本館ツイッター 
http://twitter.com/DaiichiTakimoto


[PR]
Commented by 1036M at 2016-01-14 12:07 x
自分が子どもの頃は、まだ露天風呂が1つ…一番大きなものだけでした。
金蔵の湯は家族で来ていた日帰り時代後半に出来ていたのを思い出し、あの当時は『他はでかいのばかりなのに、なんでかな』程度にしか感じませんでした。

一人で来るようになってからは、すっかり金蔵の湯を中心に入るようになりました。
湯船の木も雰囲気がいいですね。
泊まりの時は朝早く大浴場に行き、長めに入ってから帰ります。
水仕事の手荒れがその日からゆっくりと埋まっていく感覚は、金蔵の湯だけでした。
Commented by takimotokan at 2016-01-14 15:49
> 1036Mさま
こんにちは、ブロ担3号です。コメントいただき有難うございます。

金蔵の湯の浴槽には、北海道の大地に育まれたカラマツが使用されています。カラマツ材は強度と弾力性に富み、腐朽しずらい特徴を持ちます。小ぶりな湯船ではありますが、1036Mさまのようにご自分のタイミングでゆったりとお過ごしいただければ本当に嬉しいです。

たまに「湯車が回っていない」とのお声をいただく日がありますが、それは当日の湯温が丁度良い証拠。時間の許すまで源泉のぬくもりを味わっていただければと思います(^^)

by takimotokan | 2016-01-11 17:25 | ●たきもとあれこれNEWS | Comments(2)