お宝公開! 滝本の所蔵品~その1~ 松林桂月 (まつばやしけいげつ)

こんばんは!ブログ担当です。

042.gifまたまた更新が大変遅くなってしまいましてごめんなさい<(_ _)> 

今日は、またまた今までと違った新たなご紹介をさせていただきたいと思います♪今年で開湯150年を迎える登別温泉。その記念すべき年は、第一滝本館にとっても創業150年というめでたい節目でもあります。

この長い歴史の中、たくさんのお客様をお迎えさせていただいている第一滝本館。そのお客様の中には、一般に「著名人」と呼ばれる方も多数ご来館くださっております。今回は、その長きに渡る歴史の中でご来館くださった著名人の方々の、当館に受けつかがれし作品の一部をご紹介させていただきたいと思います(*^_^*)


▼その大切な作品たちは、とある1冊の帖に先代から受け継がれ、今もなお貴重で大切な宝物として保管されています。その帖がこちら!特別に撮影させていただきましたが、開くのもドキドキの品です。。。
e0037129_19224521.jpg
▼そして、こちらの帖の記念すべき1ページ目に書かれていたのがこちら!どなたの書かすぐわかった方はスゴイです!(・・・って、タイトルにお名前は入れてしまいましたが^^;) 「松林桂月」先生の作品です。私は正直申しまして・・・読めません(^^ゞ
e0037129_19231133.jpg
▼そして、こちらが貴重な山水花鳥画の大家とも言われた「松林桂月」先生の日本画。こちら、大湯沼と日和山でしょうか・・・?上部に書かれた文字を良く見ると「昭和四?年七月・・・・瀧本第一館」とあります。※画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
e0037129_19232154.jpg

■松林桂月(まつばやし けいげつ/1876年8月18日生まれ)日本画家。山口県萩市生まれ。
1894年野口幽谷に師事。池大雅以来日本人に親しまれてきた文人画の世界に、西洋絵画の流れを取り入れ近代化を計った、新しい感覚の文人画を想像した巨匠であり、最後の文人画家と呼ばれている。1906年日本南宗画会を結成。1958年文化勲章受章。


また折を見て、違う作品もご紹介させていただきますね♪どうぞお楽しみに☆


次の作品もどうぞお楽しみに!
 ↑ポチっとご協力・応援お願いいたします☆
[PR]
Commented by がりんぺいろ at 2008-06-20 00:05 x
150年の流れを垣間見る、貴重な品ですねぇ(´ー`)
滅多な事で出てこない逸品。ただただ、滝本の歴史の深さに驚きです。
無理でしょうけど、これらの所蔵品を展示すると言うのも素敵ですね(^^)

因みに、ちょっと調べたのでツッコミを。
この方、没年が1963(昭和38)年でした。
昭和○4年かも知れませんね(^^;)
いや、案外ヒトケタ(4年)かも・・・。


Commented by がじょうくん at 2008-06-20 10:06 x
お忙しいご様子。お疲れ様です。

教養が無いもので、この方初めて知りましたが、
日和山らしき絵。何とも味わい深いです。

画伯と言えば、裸の大将の山下清も泊まった事があると聞いたような・・・。
間違っていたらごめんなさい。
Commented by kokoko1965 at 2008-06-20 16:21
これは 結構なものを見せていただきました!
じっくり こういうものを眺める時間を作りたいですね・・・。
ぽち。
Commented by ●なおたん(^^)/ at 2008-06-21 16:55 x
●「すごいなぁ~」本当に歴史を感じますよね...。
歴史を保管する資料蔵がありそうですね...。
私の住む東京・北区「王子」は、130年前は、「榎町」って町名で、関東一円の狐さんが大晦日に集まったそうです。
苫小牧の王子製紙の源ですよ...。
「ブログ担当ファンのみなさ~ん(^^)/」
東京で手に入る道内プリンを紹介しました。
見てね...。なよろプリン&うしぷりんです。
http://www.voiceblog.jp/pal-fm/
Commented by takimotokan at 2008-06-21 17:16
*がりんぺいろ様、コメントありがとうございます!

確かに、こちらの作品 「四年」が正解かもしれません(^^;)
私、紹介しておきながらちゃんとわかっていないですね~(×_×)

こちらの帖はあいにく、1枚1枚に離れていないもので
展示は厳しいかもしれません。。カラーコピーなどでは
その良さを伝える事も難しそうですし(^^;)
いつかそういう展示などができるといいんですが^^
Commented by takimotokan at 2008-06-21 17:18
*がじょうくん様、コメントありがとうございます!

す・・・するどい!!実は、山下清画伯の絵がこの
紹介コーナーの最終的なご紹介のメインかな!?と
思っておりました(笑) 紹介の機会を楽しみにお待ちください♪
Commented by takimotokan at 2008-06-21 17:21
*kokoko1965様、コメントありがとうございます!

美術に詳しくない私でも、こちらを見たときはすごいな!!!
と感激してしまいました(笑)
筆1本でここまで深いものを描けるというのは、やはり
後世までその名を残すすごい作品なんだろうな・・・と
思います。(本当に詳しくわからない私なんですが^^;)
Commented by takimotokan at 2008-06-21 17:24
*●なおたん(^^)/ 様、コメントありがとうございます!

なおたんさんは歴史に詳しいんですね!
私といえば、学生時代も歴史は苦手分野でございました(^^;)

それにしても、ブログ担当ファン・・・いないのでは
ないでしょうか・・・?(苦笑)いらっしゃいましたら、大変
光栄です♪なよろプリン&うしぷりん、ブログ楽しみに
拝見させていただきたいと思います♪

Commented by mitsuposby at 2013-09-28 13:20
私は松林桂月の孫です。偶然貴ブログを見付け、お便りいたしました。
この「南舩(船)北馬帖」に描かれているのは、写真にある題字と、風景の画の2枚だけでしょうか?それとも他に何か描かれているのでしょうか?大変興味があります。
ブログに書かれている落款部分の日付ですが、「昭和四年七月」ではなく、「昭和甲午七月」、つまり昭和29年7月という意味です。桂月は落款の日付は、いつも十干十二支で記していました。
また、描かれている風景は、私も画賛の漢詩が完全に読めませんが、6行目に「阿寒」の文字があることから、これは阿寒湖と雄阿寒岳を描いたものと思われます。
桂月本人が残した年譜を見ますと、昭和29年の項に、確かに次のような記述がありました。
「七月、飛行機にて初めて北海道に入り、札幌に於ける美協展(日本美術協会展)に臨む。高松宮御夫妻も台臨。了て予は野村生(当時内弟子だった野村一生画伯)を随え、阿寒湖、クッシャリ湖(ママ)、層雲峡、常山渓(ママ)、登別等の勝地を探討、八月二日帰京。」とあります。
「南船北馬」は昔の中国の旅の様子からきた言葉で、北部の広大な大地は馬で、川の多い南部は船で旅をするというところから転じて、忙しく旅をするとうい意味に使われます。旅程では登別が最後の方だったようですので、この画帳には他にもこのときの北海道の旅のスケッチが載っているのではないかと想像した次第です。
昭和29年といいますと、まだ飛行機で国内旅行をするというのは大変稀なことで、当時6歳だった私も、祖父を羽田空港に送りに行ったのを思い出しました。またその時の写真も残っています。
同行された高松宮は、当時日本美術協会の総裁でした。
祖父松林桂月は、本年(2013年)、没後50年をむかえ、故郷山口県を皮切りに、来年4月の東京まで、各地で回顧展が開催されています。
最後に、貴館の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。
by takimotokan | 2008-06-19 21:58 | ●たきもとあれこれNEWS | Comments(9)