温泉♪温泉♪ 最新「露天風呂画像」をお届けします♪ (9/12)

こんにちは!ブログ担当です。

今日もなんだかちょっとムシムシしてますね。皆さん、体調など崩されておりませんでしょうか?今日は曇り空の登別温泉でしたが、なんとか雨は降っていないのが救いです。やっぱり、ご旅行中の皆様のことを考えると、雨はちょっとだけ嬉しくない事だったりします。雨の地獄谷などもまた違う顔を見せてくれますので、良くないことばかりではないんですけどね^^

今日の午前中は、当館・露天風呂で「草刈り作業」が行われました。事故防止の為に一時露天風呂をクローズさせていただき、ご利用のお客様におかれましてはご迷惑をおかけいたしました<(_ _)>

クローズしているこの機会に、プロのカメラマンさんと一緒に大浴場へ同行させていただきましたので、私もまたどさくさに撮影を試みてきました!・・・ということで、今日は最新の露天風呂画像と、その周辺の最新の景色の様子をお届けさせていただきます^^ プロの腕前には到底かないませんが、温泉の情緒が伝わりましたら幸いです♪

▼まずは、地獄谷が見渡せる男性露天風呂「美肌の湯」です!まだ地獄谷は遠目で見る限り、紅葉が始まっていない様子。
e0037129_17243137.jpg
▼そしてこちらは、男性露天風呂「熱の湯」。揺らめく湯面と映り込む景色、そして湯気が温泉情緒を感じさせますね^^ この映りこむ景色も、約1ヶ月後には紅葉へと移りゆきます^^
e0037129_17244213.jpg
▼今度は女性露天風呂へ!こちらは「美肌の湯」です。なかなかキレイに撮れたカモ!?
e0037129_172447100.jpg
▼こちらは女性露天風呂に出てすぐの浴槽!こちらも「美肌の湯」なんですが、光の加減もあってかエメラルドグリーンに近い白濁の湯が光り輝いています。周辺の木々、そして見上げると広がる空、そして鳥たちの囀りと。この場所にいるだけでも癒される気がしましたヨ。(できるものなら、入りたかったですが・・・^^; 笑)
e0037129_17245326.jpg
▼見上げると、ちょっとだけ秋の気配?
e0037129_1725047.jpg
▼そして最後にご紹介させていただくのが、露天風呂の中でも特に好評を博す「金蔵の湯」。湯車と湯棚を通して源泉を注ぎ込んでいる至純の湯です!落葉松の木を使ったこじんまりとした浴槽ではありますが、温泉の素晴らしさを実感いただけるイ~湯です♪
e0037129_1725527.jpg
・・・やっぱり、見ているだけではちょっと満足できないものですね(笑) 温泉が恋しいです!(>_<)また折を見て、他に撮った大浴場内の様子もお届けさせていただきたいと思います^^

emoticon-0155-flower.gifお花はいいな♪
 ↑ランキングに参加しています(^^♪ よろしければ、ポチっとご協力お願いいたします☆
[PR]
Commented by kokoko1965 at 2008-09-12 18:30
どのお風呂も 気持ち良さそうですが・・・ 白濁した感じの温泉に憧れますね・・・個人的には・・・。
ぽち。
Commented by メガネ男子 at 2008-09-12 20:14 x
ここは以前ブロ担さんが紹介された時に、私が勝手に“女性露天風呂「夏椿」”と命名した場所ですね。
(秋はどうするネン!冬はどうするネン!というツッコミが入りそうですが・・汗)

ところで「できるものなら、入りたかったですが・・・^^; 笑」って・・、それ以上美肌になってどうしようって言うんですか?(笑) 
あまりにも透き通った肌過ぎて、向こう側が見えちゃいますよ。(O_O;)Shock!! 
                           ヽ(^▽^)彡☆
Commented by うーと at 2008-09-13 00:05 x
個人的には男性露天風呂の写真が気に入りました♪
ちょっと木が邪魔で地獄谷が見えにくいですがいい写りですよ~♪
(地獄谷が良く見える=覗かれる?ということで見えすぎるのはまずいですね?!)
あと、一番下の写真も源泉かけながしっていう雰囲気が伝わってきていいですね~♪

地獄まつりのときお世話になったけど、どの風呂も気持ちよかったですよ~(^^)
お湯はもちろん、地獄谷が一望できる景色が最高ですよね。
紅葉の時期は景色もより良くて、露天風呂は最高に気持ちいいんだろうなぁ・・・。
登別の例年の紅葉の見ごろはいつ頃ですか?!
もしかしたら10月の3連休に札幌のほうに行くかもしれないので・・・
そのときはまたお世話になりたいと思います(^-^)

そういえば、地獄まつりのコメントしてなかったですねぇ・・・すいませ~ん(^^;)
私がなかなかコメントしなかったので妻が先にコメントしてしまったようです・・・。
ていうか、私たちを見かけたんですか?!
声をかけてくれればよかったのに・・・。
近々地獄まつりのリポのところにカキコします♪
Commented by がじょうくん at 2008-09-13 10:11 x
露天風呂の金蔵の湯は今だに入った事がありません。
必ず先客がいて、少し狭い湯船なので
隣に入る気になれませんし・・・。

でも、良く考えたら同じ泉質の湯が
大浴場内にもあったようでした。
Commented by 七飯の住人 at 2008-09-13 11:20 x
露天風呂はいいですね。1番のお気に入りは『金蔵の湯』です。先客がいる場合は美肌の湯で待っていて、空いらすぐ入ります。水車を見ながらのんびりと浸かっています。

あと3週間で行けるので、楽しみに待っています。そして、もしブロ担さんにご挨拶できたら幸いです。
Commented by マルコポーロ at 2008-09-13 16:56 x
こんにちは。

紅葉の時期は贅沢かもしれませんね。

あっ、いま気が付きましたけどカメラ持ち込んだら通報されますね{犯罪だ}大人ですからしませんよ~
Commented by 花子 at 2008-09-14 12:55 x
こんにちは!
あーーー、またまた温泉が恋しくなりました~
すごーーく良い感じに撮れてますね。プロのようですよ!
滝本館さんも、ブロ担さんのような、熱血愛社精神の社員さんがいて幸せですね!
良いPRになっていると思いますよ。
あの・・・
また、明日そちらに行きます。
残念ながら、お客様のお宿は・・・
例の奥まったところ・・・
がっくり・・・
Commented by ワニぷら at 2008-09-14 22:51 x
入りたい。
美肌の湯。
食べたい。
秋膳。
飲みたい。
滝本さんの美肌露天でギンギン冷え冷えビール。
本能のまま投稿させて頂きました<(_ _)>
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:33
*kokoko1965様、コメントありがとうございます!

無色透明の湯ももちろん素晴らしい効能がありますが、
やっぱり白濁した湯は温泉情緒がありますよね!^^
温泉って知るほどに興味深いことがたくさんあります!
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:37
*メガネ男子様、コメントありがとうございます!

別名「夏椿の湯」?!すでに花は散っていましたが、
見ようによっては、つぼみとも勘違いしてしまいそうな実?
みたいなものがなっておりました。

ところで・・・ブロ担、ぜんぜん美肌じゃないですよー(>_<)
どちらかというと、ずぼらな性格で日々のお手入れなんかも
。。。(×_×;)温泉、入らないとダメですねー!(笑)
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:46
*うーと様、コメントありがとうございます!

画像、お褒めいただきましてありがとうございます♪
撮ってきた甲斐がありました~(#^.^#)
地獄祭りはご家族皆様でお楽しみいただけましたで
しょうか?(^^♪ 実はというか、正直申しあげまして
ブロ担はうーと様のお顔を存じあげないのですが、お子様
連れのファミリー様をお見かけし、もしかしてうーと様ファミリー
だったりするのかな??なんて思っていたりした次第なの
です!いつかご挨拶ができたら幸いなのですが^^

ちなみに、当地の紅葉の見頃は例年、10月中旬から
11月の上旬頃なのですが、今年の紅葉はどうなるか・・?!
また、紅葉の情報などもお届けできたらと思っております♪
今後も、登別温泉へお越しの機会がございましたら、当館へ
おかえりいただけましたら幸いです(^_^)/
うーと様ファミリーのまたのおかえりを、一同心よりお待ち
いたしております~☆
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:49
*がじょうくん様、コメントありがとうございます!

まだ「金蔵の湯」は未体験でございましたか!確かにちょっと
湯船は狭めですよね;でも、やっぱり源泉からも近くって、
湯車・湯棚で温泉を注ぎ込んでいるこちらの「金蔵の湯」は
かなり皆様に好評いただいております浴槽です!!
ぜひぜひ、次の機会にはご利用いただけましたら幸いです♪
イ~湯♪をご体感くださいませ☆
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:53
*七飯の住人様、コメントありがとうございます!

金蔵の湯を満喫するコツ、なるほどです!!(^^♪
ありがとうございます♪金蔵の湯に浸かるまでに、
なんとかのぼせてしまわれませんよう・・(>_<)

ご利用のご予定日まで3週間!長いようであっという間に
過ぎていきますでしょうか^^
是非是非、当方もご挨拶が叶ったら幸いに存じます^^
よろしければ、お客様メモリーアルバムにもご登場なんて
いかがでございましょう♪なんて^^(笑) 
ご宿泊に当たりまして、何かご要望などございましたら、
どうぞスタッフにお気軽にお問合せくださいませ♪
七飯の住人さまのお越しを、一同心よりお待ち申しあげて
おります(#^.^#)
Commented by takimotokan at 2008-09-15 14:57
*マルコポーロ様、コメントありがとうございます!

四季折々の景観それぞれに素晴らしい当地ではありますが、
紅葉の時季の温泉も最高ですよー!!
紅葉の見頃は約半月ですので、これまたその景色を眺め
ながらの湯めぐりは貴重な癒しの時間となることかと存じ
ます^^ 

カメラの持ち込みはご遠慮いただいておりますが、
皆様には「心のメモリーアルバム」に是非、収めていただけ
ましたら嬉しく思います♪ 「心のメモリーアルバム」・・・
ちょっとクサいですか?(^^ゞ (笑)
Commented by takimotokan at 2008-09-15 15:01
*花子様、コメントありがとうございます!

今日は花子さん、ご来泉なんですね(^_^)/!ようこそ
おいでやすでございます~☆いつもありがとうございます!
残念ながら本日のお宿は当館ではないようで(/_;)
それでも偶然でもお会い出来たりしたら嬉しいのですが^^
当館泊ではなくとも、登別温泉の湯をぜひぜひ満喫
していかれてくださいませ♪
疲れをぜ~~んぶ落としていってくださいね!

写真につきまして、花子さんにもお褒めいただいて
本当に光栄でございます♪嬉しいです~(T_T)
熱血愛社精神の社員!?わわわ(^^ゞ 照れますね(笑)
頑張ります!!!
Commented by takimotokan at 2008-09-15 15:02
*ワニぷら様、本能のままのコメントありがとうございます♪(笑)

入りたい。
美肌の湯。
食べたい。
秋膳。
飲みたい。
滝本の美肌露天でギンギン冷え冷えビール!!

あ!!!私も一緒です!!!(笑)

Commented by みお at 2008-09-16 23:35 x
でも、女湯から男湯が丸見えなのが良くないと思います。
上の女湯から、危険な物や硫化水素を下の男湯に落とされたら、被害者が出ます。
男性客の全裸をい商品化して女性客に喜ばすだけでなく、危険物を男湯に投げ込む事も起きる安全性は、どうなるんですかね?
男性客の生命や人権も配慮してもらいたいです。
Commented by takimotokan at 2008-09-17 15:04
*みお様、コメントありがとうございます。

大浴場でございますが、現状は女湯から男湯が丸見えという
状況にはございません。(数年前、仕切りを高くなりました。)
宜しくお願いいたします。
Commented by 長田明子 at 2011-02-02 06:54 x
久々に滝本さんに宿泊しようと思って色々調べたら、ここの記事に着ました(過去記事?) 私も昔、会社の慰安旅行で後輩のチン●●見たけど、年をとって思います。「女はイイ」「男のクセに」じゃあすまされない。 滝本さんの改装はいい事です。…180cmある女性はなかなかいません。 頑張ってください
Commented by 長田明子(仮名) at 2011-02-02 06:58 x
もちろんハンネは仮名です。宿泊するかは「未定」です。日帰りになるかもしれない。 でわ
Commented by takimotokan at 2011-02-03 18:53
*長田明子(仮名) 様、コメントありがとうございます!

また、この度は当館へのご宿泊をご検討いただいておりますとのこと、
一同を代表いたしまして、心より御礼申し上げます!
こちら・・・2008年の記事でございます(^^ゞ
改装につきましてお褒めのお言葉、ありがとうございます。
改装後、仕切りが高くなったことで男性風呂が見えるということは
なくなっておりますので、安心して湯めぐりをお楽しみいただけましたら
幸いです。
長田明子様のお越しを、一同心よりお待ち申し上げております!
どうぞごゆっくりと、湯めぐりをお楽しみください^^
Commented by もいさかわ at 2015-04-05 14:52 x
色々検索しましたけど、目隠しの板? のわずかな隙間から 見えるとか 熊の置物から見えるとか、聞きます。 実は先月、日帰り入浴しましたけど、掃除のおばちゃんが、上から下の掃除のおじちゃんに話しかけていました。 少し改善した方が良いと思います。
by takimotokan | 2008-09-12 18:05 | ●たきもとあれこれNEWS | Comments(22)

登別温泉の老舗宿・第一滝本館からお届けする公式ブログです。第一滝本館のことはもちろん、のぼりべつ温泉の旬な情報を、たきもとスタッフが楽しくお伝えいたします♪


by takimotokan