ブログトップ

登別温泉 第一滝本館 たきもとブログ

2018年 05月 01日 ( 1 )

みなさんこんにちは。たきもとブログです。

今日から5月。
ここ登別でも桜がだいぶ咲いてきました。
北海道道内では「お花見=ジンギスカン(またはバーベキュー)」という方も多いかと思いますが(北海道外の方にはよく驚かれます)今回は、春の陽気が感じられるランチを紹介いたします。

e0037129_10210103.jpg
まずはこちら。
「牛サガリグリルとアッシェ・パルマンティエのオニオンソース」

「サガリ」とは牛の肋骨側の横隔膜にあたり(背中側は「ハラミ」です)、
脂身が少なくヘルシー、柔らかくてうまみもしっかりある部位です。
今回はこのサガリを低温で加熱、少し休ませて余熱で中まで火を通し、
仕上げにグリルで表面を焼くことで、まるで炭火で炙ったような風味、香りが
鼻を通りぬけます。
晴れた日に頬張ると、まるで春の陽気の下でバーベキューをしている気分に。
オニオンのフォンドヴォーソースがよく合いますよ。

付け合わせは「アッシェ・パルマンティエ」。
フランスの家庭料理のひとつでマッシュポテトと牛ひき肉を使ったグラタンです。
「アッシェ」はフランス語の「細かく刻む」という意味で、本場では
ひき肉に限らず各家庭で残った材料も細かく刻んで入れていたんですね。
「パルマンティエ」はフランスにジャガイモを食用として広めた人物の名前なのですが
その話はまたいつか機会に。

ライスまたはパン・サラダ・スープがついて税込¥1,000です。


さてサガリで語りすぎましたがもう一品も紹介します。
e0037129_10210131.jpg
「ボンゴレとセミドライトマトのビアンコスパゲッティ」
ボンゴレビアンコといえば、貝類の出汁がきいたパスタとしておなじみですね。
今回は、とにかく大きいアサリがゴロゴロ!
更に、パスタにさりげなく和えてあるのは自家製のドライトマトです。
野菜は乾燥させると、そのうまみがギュッと凝縮されます。
トマトのさわやかなうま味がアクセントとなり、とてもさわやかな後味になります。
こちらも春の陽気がぴったりな一皿ですね。

…あ、トマトに交じって鷹の爪も入っております。辛いものが苦手が方はご注意を。

こちらスープとサラダがついて税込¥1,000です。

桜は間もなく見ごろ。
温泉、桜を楽しんだら、
是非滝本インにお立ち寄りください。

◇◇◇ 滝本イン1F「ポプラ」 ◇◇◇
ランチ営業時間: 11:30~14:00(ラストオーダー 13:30)
定休日: 無し(不定休)
住所: 北海道登別市登別温泉町76
(第一滝本館正面玄関の目の前です)

※第一滝本館の入浴とランチ1,000円券がセットになった
「湯~らんチケット」¥2,500(税込)も好評販売中です。
→5月3・4・5日は販売を休止させていただきます。あらかじめご了承ください。

以上、たきもとブログでした。

▼▼ポチッ!と応援クリックお願いします♪
●●●●●●●●▲ワンクリック応援&ツイート、是非お願いいたします(^_^)/▼   
第一滝本館ツイッター http://twitter.com/DaiichiTakimoto


[PR]
by takimotokan | 2018-05-01 10:57 | ●滝本インの絶品ランチ | Comments(0)